第18回 公開研究会 2019.6.16(日)14:00 ~

 
 


移民社会の現実と課題 〜 欧米と日本

お話:森千香子さん(社会学者・一橋大学)

         

第18回の脱成長MTGでは、

「移民社会の現実と課題――欧米と日本」というテーマで、森千香子さんをお招きして話しをしていただきます。

日本は人口減少時代に入っていますが、安倍政権は人口減少に伴う労働力不足をカバーする切り札として、「女性活躍」政策に続いてこの4月から外国人労働者の受け入れ拡大(事実上の「移民政策」)に踏み切りました。しかし、これは、あくまでも経済成長のために外国人労働者を「労働力」として利用するだけの政策であり、これまでの技能実習制度に見られるような人権無視の差別的扱いや「使い捨て」を温存する怖れがあります。私たちには、すでに日本が多くの移住者によって支えられている「移民社会」である現実を直視し、彼ら/彼女らを「人」として迎え入れ多様性に富んだ社会、共に暮らす地域コミュニティを創り出していくことが求められています。

そこで、多くの移民を受け入れてきた欧米でいま、なぜ排外主義の波が高まっているのか、そして事実上の「移民政策」が始まった日本で問われている課題は何かについて、森千香子さんから話をしていただき、討論したいと思います。貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。


森千香子さんプロフィール

一橋大学大学院社会学研究科準教授。専門は国際社会学、都市社会学、レイシズム研究。フランスや米国の移民の人たちの現状を詳しく調 査・研究。『排除と抵抗の郊外:フランス〈移民〉集住地域の形成と変容』(2016年)で大仏次郎賞受賞、「『分断のナラティブ』を超えて」(『世界』18年12月号)、「『働きに行きたい国』めざせ」(日経新聞17年3月29日)など多くの論文がある。

 


日時:2019年6月16日(日) 14:00~17:00(13:30開場)

会場:ピープルズ・プラン研究所(地下鉄「江戸川橋」駅下車」)

報告:森千香子さん

参加費:500円

お申し込み:髙坂まで oh.moonsetアットマークnifty.com  090-9322-8722

 

ピープルズ・プラン研究所アクセス

【住所】 〒112-0014 

東京都文京区関口1-44-3信生堂ビル2F

 

【電話&Fax】

Tel:03-6424-5748 Fax:03-6424-5749

 

【最寄駅から】

◎地下鉄有楽町線「江戸川橋駅」1-b出口徒歩5分

◎地下鉄東西線「早稲田駅」1番出口徒歩15分

◎地下鉄東西線「神楽坂駅」2番出口徒歩15分

 

[江戸川橋駅(有楽町線)からの行き方]

江戸川橋駅1-b出口を出て、左手にドトールコーヒー、ファミリーマートなどを順に見ながら大通り(新目白通り)を5分ほど歩くと、「一休橋入り口」という交差点があります。角に中華料理店があり、その手前を左に曲がって、道路の左側にある3つ目のビルです。1階は道場、2階がピープルズ・プラン研究所です。

 

 ※江戸川橋駅は、改札から1-bの出口まで地下道で3分かかります。